共立美容外科・歯科 大阪院

関西はじめ国内では常にトップランクに支持されるクリニックです。技術力には定評があり、海外メディアからの取材も多いそう。
他院にはない、二重(ふたえ)治療における腫れない、痛くない、取れにくい二重埋没P-PL挙筋法や脂肪吸引時の傷跡を目立たなくする皮膚保護器具KBシース(特許取得済)など、最新で独自の技術を誇ります。全ドクターがユーザーの声に耳を傾け、クオリティを高める文化があるそう。

■自分の良質の脂肪でバストアップ
■シコリになりにくい注入テクニック
■生着率80%以上
■関西初導入クリニック

公式サイトでもっと詳しく!

アクセス・所在地 心斎橋駅から徒歩1分
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-1-13 東邦ビル5・6F
開院時間 年中無休
10:00~19:00
施術メニュー 美容外科全般、口腔外科、医療レーザー
美容歯科、審美歯科、矯正歯科など
院長略歴 和出 泰典
1997年 福井医科大学医学部卒業
2007年 共立美容外科大阪院院長就任
・日本美容外科学会会員
・日本美容外科医師会会員ほか
聖心美容外科 大阪院

公式サイトでもっと詳しく!

城本クリニック 大阪院

公式サイトでもっと詳しく!

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

公式サイトでもっと詳しく!

公式サイトでもっと詳しく!

公式サイトでもっと詳しく!

公式サイトでもっと詳しく!

ダントツにオススメなのは1位の共立美容外科・歯科。
開院24年、多くの美容整形を望む女性たちに支持され、今日に至っています。
人気の治療は、

①二重まぶた ネットで評判の、腫れない、痛くない 共立式二重埋没P-PL挙筋法
②プチ豊胸 かんたんにバストUPできる純正ヒアルロン酸注入によるシンデレラ豊胸!⇒大阪院限定今だけ75%OFF
③ワキガ、多汗症 傷跡が残らないという特許取得の技術を駆使!超音波+ローラークランプ法⇒大阪院限定今だけ294,000円
④脂肪吸引 滑らかに仕上がる匠の技、共立式KB脂肪吸引⇒大阪院限定今だけ50%OFF

共立美容外科・歯科の詳しいメニューはこちら>>

これらの独自の技術は、常にユーザーの声に耳を傾け、挑戦してきたことの証。
ドクターの一人ひとりが、高いクオリティをめざし新たな手法を開発する文化があるそうです。
多少、他院に比べお値段が張る分、確かな技術を期待できそうです。

■いい美容整形外科の見分け方

いいお医者さん、医院の見分け方はいくつかポイントがあります。

①値段が高すぎず、安すぎない⇒これは、いくつかの医院を訪ねてカウンセリングを受けるのもいいでしょう。単純に「安い」だけで判断して選ぶと、手術の失敗や効果が短いなどのリスクを負う可能性もあります。

②医師は経歴を開示し、話をしっかり聞いてくれて、カウンセラーと執刀の医師が同じ人であるかどうか

③施術例がたくさんあるか。つまりオープンであるかどうか。

これらはホームページに開示している医院もあるので、
隅から隅までくまなく見比べて見ましょう。
当然、決して安くは無いお金を払い、デリケートな手術を行うので、
信頼度を計れるポイントとしてチェックしてみてください。

資料請求ができたり、メールで相談ができるところもあります。
どれだけ親切で信頼できるか、ある程度時間をかけて調査する必要があります。

医者選びでトラブルが起きることもあります。
ラクをせずにクチコミやランキングサイトを活用しましょう。

また、自分のイメージがはっきりしないがゆえに術後のイメージが違う場合もあるようです。
例えば美容室に行ってカットをしてもらい、芸能人の女優のように…というオーダーをして
失敗したと感じたとします。
その場合、ほんとにカットしてくれた美容師さんが悪いのでしょうか?
イメージをちゃんと伝えきれた自信はあるでしょうか?
その女優に似合う髪形が必ずしも自分にも似合うとは限らない可能性を
考えましたか?
そしてその可能性も含めて、プロの意見に耳を傾けましたか?

美容整形の場合は髪とは違い、素肌にメスを入れるものです。
全体的なイメージやバランスなど、細部にこだわるだけでなく自分のイメージをきちんと持ち、正確に伝えましょう。

人間同士、相性もありますから、一度相談するためにカウンセリングを受けてみて、
医師とのフィーリングを確かめることも必要です。
セールストークを無理やりしてこないか、リスクを説明してくれるか、なども
いい医師選びの判断理由となります。

ほかには、症例数、実績、その医師の施術写真を見て判断しましょう。
写真は、技術というよりもデザインセンスに注目しましょう。

■保険の適用について

保険が適用されるかどうかの判断のポイントは、みんなの税金を使い、公平な配分であるかどうかの観点もあり、「病気であるかどうか」になってきます。

美容整形の場合、個々人が深い悩みを抱えている場合もあるとはいえ、
基本的には病気とは認められませんので、原則、保険適用外です。
しかし中には整形外科という名目で、病気として判断され保険が適用されるケースもあります。
例えば目が開かなくなってしまう病気があるのですが、整形外科手術によって目が開くようにできます。このような場合は保険が適用されます。

■美容整形手術の種類
美容整形、外科の医院では、各からだの部位のコンプレックスを解消する、
あらゆる手術が開発されています。
まぶたや鼻、あごのラインを整える手術が、プチ整形から本格的なものまで
様々なメニューが用意されています。
脂肪吸引などの痩身手術、ワキガの手術、脱毛、美肌、審美歯科、性器や毛髪の悩みなど、
あらゆるニーズと欲求への答えが用意されています。
ぜひ一度、美容整形外科のサイトを訪れてみてください。
ユーザーの声など、有益な情報をたくさん得られるはずです。

■一般的な美容外科での診療から術後のケアまでの流れ
①カウンセリング予約
友達などには聞けない美容の悩み。
一般的な医院では、カウンセリング料は一切かかりません。
打ち明けることでまずはお悩みから開放されてください。

②カウンセリング
カウンセリングを受けたら、診療プランを決めていきます。
実際に会うことで、いいクリニックかどうか判断でき、
信頼関係を築くことで、自分の希望をきちんと正確に伝えられるようになります。
そうすると手術にかかる費用も確定します。
手術が可能な日取りを決めます。

③手術

④術後のケア、カウンセリング
手術の内容によっては定期健診やアフターケアが必要な場合も。

■人気の美容整形
医院によっても人気度は異なりますが、平均的に人気が高いのはやはり目元、
二重まぶたの整形手術です。
今はプチ整形というものもありますので、以前に比べたら格段に身近なものになっています。
以下、人気の美容整形です。
1位 目元・二重まぶた整形手術
2位 鼻筋を通すなど、鼻周りの手術
3位 脂肪吸引
4位 しわ・たるみをとる施術
5位 豊胸手術

大阪の美容整形クリニック

自分の顔や体などの見た目に対して、コンプレックスを抱いたりするのは、昔から女性の方が男性よりも多いイメージがあります。
しかし、最近では女性だけではなくて、男性でも美意識の高い人は多くなってきています。

男性でも髪の毛のケアやセットをしたり、スキンケアをきっちりと行ったり、リップクリームを塗ったりネイルをしたり、中にはファンデーションやアイラインをひいたりしている人までいるので、女性も顔負けです。
また、年齢も10代や20代くらいの若い年頃の人だけではなくて、比較的年配の方でも気にするようになっていて、最近では少しでも若返りしようと、【アンチエイジング】という言葉をよく聞くようになってきています。
このように、あらゆる年代と性別で美意識が高い人が増えてくると、ニーズが高まるのがエステティックサロンだったり、美容整形クリニックです。

最近では、プチ整形というメスを使わずに手術が出来て、短時間で、値段も手頃な方法があるので、大学生の人でもアルバイトをしたお金を貯めて、美容整形をする人が増えています。
美容整形クリニックは、昔は東京や大阪などの大きな都市の、大きな駅にしか見られなかったですが、年々増えていて、全国各地に広がっていっています。
東京や大阪などの大きな都市では、密集して様々な美容整形クリニックがあり、逆にどこのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまうくらいです。

テレビのコマーシャルだったり、新聞の折り込みチラシや、ファッション雑誌の広告やつり革広告でも美容整形に関するものが多く、よく東京や大阪の都会の駅では、美容整形クリニックに関する大きな看板も見かけます。
一昔前までは、美容整形というと作り物の美しさだったり、偽物の美しさというイメージがあって抵抗を感じる人も多かったですし、人には言えない閉鎖的なイメージがありましたが、最近ではだんだんオープンになってきていて、大阪や東京にはドクターもたくさんいます。
カリスマドクターは、大阪や東京にいることが多いようです。

人気のプチ整形とは、どのようなものかご存知でしょうか。
先程も説明したような、メスを使わない施術で、多くの人から支持を得ているものです。
以下のプチ整形のメリットとデメリットを見て、もしも利用したいと思えば色々と調べていただくことをオススメします。

【プチ整形のメリット・デメリット】

メリット デメリット
値段 1ヶ所の整形が3〜5万円とお手頃 数ヶ月〜1年で元に戻るのでランニングコストが掛かる
時間 施術そのものは短時間で終了 時間が経てば元に戻ってしまう
結果 結果が早く出て、直ぐに化粧・外出が可能なので入院が不必要 医師の技術に結果が左右されやすいので、医師・病院選びは慎重に
トップ